2009年06月04日

トランス脂肪酸フリーのショートニング(オーガニック)

最近色々なところで見聞きする、トランス脂肪酸の害。
トランス脂肪酸とは、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどの固形油脂を製造する過程で発生する不飽和脂肪酸のことです。天然植物油にはほとんど含まれません。
農林水産省によると、「トランス脂肪酸を過剰に摂取すると、血液中のLDLコレステロール濃度が増加し、一方、HDLコレステロール濃度は減少するので、冠動脈性心疾患の発症リスクが高まると言われています。」
また、子供のアレルギーやアトピー性皮膚炎との関連性も指摘され始めているとか・・・。
欧米に比べて日本人の食生活においては、トランス脂肪酸の過剰摂取は起こりにくいようですが、食生活も多様化していますから、せめて自分のわかる範囲では避けていこうかなと思い始めました。
今は乳製品を制限していてバターが使えないので、代替のアレルギー用マーガリンを使っていますが、マーガリンの風味をさほど必要としない場面では、トランス脂肪酸フリーのショートニングを使うようにしました。うれしいことに、ショートニングを使うと、お菓子がさっくり仕上がる気がします♪
このショートニングは無味無臭で扱いやすく、加工工程で水素添加をしていないためトランス脂肪酸フリー(0.5%未満)です。しかも有機JAS認証品のオーガニック食品です。680gってけっこうデカイ!(届いた時ちょっとびっくりした)ですが、常温保存できるので、保管場所を選びませんよ。

オーガニック ショートニング 680gトランスファットフリー
原材料: 有機パーム油
posted by ともぴょん at 15:07 | Comment(0) | 安心食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。