2009年07月30日

アレルギー専門医

息子のアレルギーが発覚して、3ヶ月ちょっと。
当時検査を受けたのは普通の小児科です。通常の診療や予防接種、検診などに対してはとても満足している病院なのですが、アレルギーに関してはあまり熱心でないみたいで、血液検査の結果を見て「とりあえず1歳までは卵と乳製品を控えるように」という指導しか受けていませんでした。
息子も1歳になり、さて、これからどういう風にアレルギーと向き合っていけばいいのか・・・わからなくなってしまいました。
それで、かかりつけの小児科ではなく、アレルギー専門医の診察を受けるべきだと思い、昨日行ってきました。

今までの経過や、3ヶ月前の検査結果などを話し、スクラッチテスト(皮肉テスト)を受けました。これがもう、血液検査より大変でした・・・私が。アレルゲンを直接皮膚に垂らして、針で皮膚を傷つけて検査をするのですが、その後液が垂れてはいけないので15分間は腕を動かさないように抑えてなくちゃいけないんです。でも息子は痛いのよりも自由を奪われる事が何より嫌いなので、泣き叫び、すごい力で暴れまわり、パニック状態でした。本当は15分我慢しないといけないのに、結局12分でギブアップ。
それでも、卵と乳製品に強い反応が出ていて、まだまだ、実際にアレルゲンを食べてみる負荷試験を出来るような段階ではないということでした。

さらに、もう一度血液検査をして、前回調べていなかった、鶏肉や牛肉も調べてみることに。先生いわく、アレルギー専門医であれば、最初の検査のときに卵と鶏肉、牛乳と牛肉はセットで検査するんだけどね〜ということでした。普通の小児科医とアレルギー専門医では、視点が違うのですね。

この先生は、厳しいことは仰いますが、すべて子供のためを思って言ってくれていて、親に厳しく子供に優しい方でした。説明もわかりやすく、引っ越さない限りはここで診てもらうことになりそうです。

そうそう、これから毎日、アレルギー日記というのをつけなくてはいけません。私が食べたもの、息子が食べたものを逐一細かく記していきます。ずぼら、めんどくさがりやの私には重い課題ですが、息子のためです。がんばろう。
posted by ともぴょん at 10:57 | Comment(4) | アレルギーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アレルギー科受診,お疲れさまでした…
大変だったみたいですね(涙)
BCGを思い出しました。(体力もついたし,比ではないでしょうけど…)

自己流のアレルギー日記,私もつけてましたよ〜。
ちょっと面倒ですけど
記録&見直すことで,今まで気づかなかった怪しい食べ物がわかったりして
それを避けたり,間隔を空けたりの対応をしてました。
卒乳後の今は,大きめのカレンダーに,食べた物と症状を書き込んでます。
あと自分の体重も(笑)
Posted by hina at 2009年07月31日 08:40
>hinaさん
BCGのときは、こんなに暴れん坊じゃなかったなぁ・・・懐かしいです^^;

アレルギー日記、効果あるんですね。がんばります。
体重の記録、卒乳後は記録して戒めにしたいと思います^^;
Posted by ともぴょん at 2009年08月04日 21:57
はじめまして、こんにちは★

うちの息子も今6か月半なのですが、卵・ミルクアレルギー(今のところ)です!

しかも卵に関しては、クラス5ととても数値がたかいんです。

スクラッチテスト・・・大変そうですね。まだ息子には試したことはないです。。。

アレルギー日記、私もつけなくてはいけませんね。

お互い頑張りましょう★

ともぴょんさんのレシピなど参考にさせていただきます★

Posted by くいしんぼくろ at 2009年08月07日 11:52
>くいしんぼくろさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
クラス5、とても高い数値ですね。
6ヵ月半というと、離乳食始まったばかりでしょうか。
色々気を使うし、母乳も気をつけなきゃいけないし大変ですが、お互いがんばりましょうね!
Posted by ともぴょん at 2009年08月07日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。