2009年06月29日

アレルギーに対する周りの理解

今、息子と二人で、実家に帰っています。
当然、父や母にも息子のアレルギーのことや、私が母乳育児のために乳と卵の除去食をしていることは話してあります。
しかし、昨日の晩御飯では温野菜にマヨネーズ、今日の朝ごはんにはカニかまぼこが出てきたりして・・・
そのつど、マヨネーズは卵入ってるから駄目なんだよ。かにかまは原材料見て、卵白って書いてるでしょ。って、言ってるんですが、これが私相手だったからよかったものの、息子に対してだったらと考えると、かなり恐ろしいことだなと思いました。
玉子焼とかオムライスとか、ヨーグルトとかそういった明らかに卵や乳製品ってわかるもの以外も、卵や乳製品はいろいろな食品に混ざっているのですが、普段気にしていない人からすると、「あっ、そういえばそうねぇ。まぁ、こんなのにも入ってるのね〜」という反応になってしまいます。
私自身も、こんなに原材料に目くじらを立て始めたのは、我が身に降りかかってからなので、親を悪く言うことはできないと思うのですが・・・
なので、周りに理解してもらう努力は頑張らないといけないな〜と思ったのです。
家族や友達だけでなく、これから先、幼稚園・小学校・・・と、息子が接する人間はどんどん増えていきます。
その大勢の周りの人たちに、アレルギーについて理解してもらおうとするのは、どれだけ骨の折れることなのかと、かなり不安になってしまいますけどね・・・
私自身も、もっと本を読んだり勉強して、周りにわかりやすく説明できるようにならないといけないですね。
posted by ともぴょん at 16:29 | Comment(3) | アレルギーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も大豆、卵アレルギーの息子がいます。
まだ、発覚したばかりなのであまり実感はありませんが、本当に大きくなるにつれて大変になってくるのだろうと思いました。
Posted by ずぼらmama at 2009年07月01日 10:08
ほんとうに、難しいですよね。
どんなに説明しても、加工食品のことなどはわかりにくいですもんね。
一生懸命考えて「これだとよさそう!」と思って準備してくれても「あ〜、ダメだ、食べられない」みたいな。
アレルギーについて理解してもらおうと思うと、細かい部分から説明していかないといけないですし、何度も何度も同じことを言わないと覚えてもらえないからつらいですけど、子どもが楽しく、おいしく食べられるようにするためですもんね。
お互いに、「あーあ、めんどうだなぁ」と思うことがあっても、焦らずに頑張りましょうね!
Posted by えららん at 2009年07月02日 06:17
>ずぼらmamaさん
はじめまして!
発覚したばかりのときは、私も何がなんだか呆然・・・
という感じでした。
一緒にがんばりましょうね。

>えららんさん
最近びっくりしたのが、一見普通の和菓子なのに、乳成分がなぜか入ってること・・・
なんでこの3色団子に乳性分が必要なの!?と、一人でキレたりしてます^^;
本当に、子供の体のために大切なことですから、あせらずがんばっていこうとおもいます。
またブログ参考にさせてくださいね。
Posted by ともぴょん at 2009年07月07日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。